『ナリカワリ2巻』を読んだ感想【10話~20話】

今回はナリカワリという漫画の2巻を読みました。

その感想を記事にしたいと思いますのでお付き合い下さい。

まずは漫画情報からです。

 

1.漫画情報

(1)内容紹介

f:id:mangast:20180910134248j:plain

累計400万部超!『奴隷区』のオオイシヒロト、強烈最新作!!

希望、願望、欲望……。“誰か”になれば、すべてが叶う。

刺激と欲望渦巻く“人間憑依”サバイバル、開演。

家では“空気”扱い。学校では“最底辺”。

心優しき青年・安藤万里雄(あんどう まりお)は、

イジめられている同級生すら救えない自分自身の現状に対し怒り苦しんでいた。

だがある日、そんな彼の元に“他人に憑依出来る”というステッカーが届き――!?

願望&欲望渦巻く、人間憑依サバイバル開演!!希望、願望、欲望。

“誰か”になれば、すべてが叶う。

 

(2)登録情報

出版社:講談社

発売日:2018/9/7

 

(3)購入情報

購入日:2018/09/10

値 段:626円

購入理由:1巻がおもしろかったので2巻も購入

 

※1巻の感想記事は、下のリンクから読んでいただけます。

mangadb.hatenablog.com

 

2.感想

第10話『被害者』

万里雄がバレー部マネージャーの柏木さんに憑依(ひょうい)して、

バレー部エースの権田(ごんだ)くんに会いにいく話しでした。

万里雄のステッカーを狙う犯人が同じ学校内にいて、

バレー部事件と憑依ステッカーが関係あるという推理からこの展開に。

誰かが権田くんに憑依し柏木さんをおそった(バレー部事件)。

権田くんと柏木さんを引き裂き、2人からバレーをうばった。

なんかこう・・・ムカムカしてきますよねっ!

一生懸命生きてる人の邪魔しちゃいけないなと思いました。

11話に続きます。

 

第11話『憎悪と罠』

権田くんと話しているところに10話で登場した2人のチンピラがあらわれ、

柏木さんに憑依した万里雄は権田くんに助けられ逃げるんですが、

何者かにとらわれてしまいます。

万里雄は犯人がわかったみたいですね!

誰だろう・・・わたしの予想は陰湿そうなのでバレー部顧問です。

犯人が気になるので、12話へ続きます。

 

第12話『権力の証明』

連れ去られた万里雄は権力者っぽい男の前に連れて行かれます。

その男は柏木さんに憑依した万里雄に気付いていた。

しかし、実は万里雄と萌里唯が入れ替わっていて

柏木さんに憑依しているのは萌里唯で、万里雄は自分に戻っていた。

自分に戻った万里雄は、犯人に会うために学校の保健室に向かうという話。

さぁ~いよいよ犯人がわかりますっ!

誰だろう!?ワクワクが止まらない(笑)

13話に続きます。

 

第13話『正体特定』

やっぱりっ!犯人はバレー部顧問の神宮先生でしたっ!

だって陰湿そうなんですもんコイツ(笑)

そして万里雄は人が変わったように神宮先生に、

萌里唯を解放して憑依を解けと命令します。

この13話を読んで、人は見た目で判断しちゃいけないなと思いました。

他人がどう思ってるとかなにを考えてるなんてわからないですもん。

話したって本当かどうかもわからないし。

だから人間関係ってわずらわしくてむずかしくてキライ。

14話へ続きます。

 

第14話『二つの約束』

万里雄が神宮先生にもう二度と悪事をはたらかないよう約束させ、

権田くんと柏木さんはバレー部に戻ります。

そして物語は新たな展開に・・・

なんと萌里唯が自宅に来ないかと万里雄を誘います。

まず、権田くんと柏木さんの2人がバレー部に戻れて良かった。

これは万里雄と萌里唯が校長先生と教頭先生に憑依して解決したものです。

バレー部のエースとマネージャーか・・・結婚して欲しいなと思います。

そして万里雄と萌里唯はどうなる!?15話へ続きます。

 

第15話『愛の契り』

万里雄が萌里唯のマンションを訪れる話でした。

萌里唯がすっごいセレブマンションに住んでる設定におどろきっ!

そしてなんだかんだイイ感じの2人(笑)

しかし某掲示板に万里雄の画像が投稿されてる!?

気になるので読み進めます。16話へ続く。

 

第16話『愛の契り②』

掲示板に万里雄の画像を投稿したのは萌里唯だった・・・

萌里唯の万里雄に対する歪んだ愛が見えた話でした。

しかも投稿したことを神宮のせいにする萌里唯。

人を好きすぎるとここまでおかしくなるのかと思いました。

17話のタイトルが気になるので続きます。

 

第17話『シてあげる』

萌里唯ははじめて自分を受け入れてくれた万里雄と別れたくない。

そのためには新しい敵が必要だということで、

万里雄がステッカー所有者であることを広めるために掲示板に投稿した。

萌里唯の気持ちがよくわかったなぁ。

万里雄と一緒にいたいから、新しい敵が必要だと。

万里雄に対する気持ちの強さと萌里唯自身の気持ちの弱さ。

女心なんだろうなぁ~と思いながら18話に続きます。

 

第18話『違和感』

萌里唯と一緒にステッカーの悪事と戦うことを決めた万里雄。

自宅へ帰ると弟が女性を連れ込み、行為をはじめるところでした。

そしてテレビを見ると憑依ステッカーが貼られたおじさんが、

これから記者会見を開くところ。

これは・・・なにか始まりそうですねっ!

ワクワクしてきたので、19話へ続きます。

 

第19話『憑依サツジン』

記者会見を開く5人全員のおじさんに憑依ステッカーが貼られている。

そして4人がジサツしてしまいます。

あぁ~なにかはじまりそうな感じ!

しかも大事になりそう。

続きが気になるので20話へ続きます。

 

第20話『弱者の味方』

残った1人のおじさんが、ステッカー所有者に向けて話をはじめます。

内容は、憑依してまで変えたいなにかがあるんだろうと。

だったらオレと一緒に変えようぜというもの。

そしておじさんに憑依したままジサツしてしまいます。

20話の最後には憑依を解いた姿が少しだけ描かれてます。

これは1巻で万里雄が憑依した進藤翔なんでしょうか!?

それともまた別人なんでしょうか!?

こいつがテレビを使ってステッカー所有者に向けて話した目的は!?

3巻に続きます。

 

3.おわりに

ナリカワリ2巻を読んでおもしろかったので3巻も購入決定です!

憑依ステッカーを使って、イジメを解決しバレー部事件も解決。

萌里唯という仲間?と出会い、これから物語はどう展開していくのか!?

ステッカー所有者のバトルになってきましたね。

そしてツイッターもやってますっ!

漫画好きの方とつながりたいので、フォローしてくださると嬉しいです。